軽自動車 保管場所届出の要件


軽自動車保管場所の要件

車の保管場所として認められるには要件があります。

自動車の使用の本拠の位置から直線距離で2km以内であること
(「使用の本拠の位置」とは、個人の場合は「住所又は居所」、法人の場合は「会社の所在地」をいいます。)
道路から支障なく出入りができ、かつ、自動車の全体を収容できるものであること
自動車の保有者が自動車の保管場所として使用する権原を有するものであること
車庫証明を同じ場所で重複して取得していないこと


根拠条文

自動車の保管場所の確保等に関する法律施行令

(保管場所の要件)

第1条
自動車の保管場所の確保等に関する法律 (以下「法」という。)第三条の政令で定める要件は、次の各号のすべてに該当することとする。

1 当該自動車の使用の本拠の位置との間の距離が、二キロメートル(法第十三条第二項 の運送事業用自動車である自動車にあつては、国土交通大臣が運送事業(同条第一項 の自動車運送事業又は第二種貨物利用運送事業をいう。)に関し土地の利用状況等を勘案して定める地域に当該自動車の使用の本拠の位置が在るときは、当該地域につき国土交通大臣が定める距離)を超えないものであること。

2 当該自動車が法令の規定により通行することができないこととされる道路以外の道路から当該自動車を支障なく出入させ、かつ、その全体を収容することができるものであること。

3 当該自動車の保有者が当該自動車の保管場所として使用する権原を有するものであること。